結婚式に参列してくれたゲストに感謝の気持ちを込めて

引き出物というのは、結婚式に参列してくれたゲストに対して贈るプレゼントのことです。感謝の気持ちを込めて贈るのが基本なのですが、中にはそのことを忘れてしまうカップルも少なくありません。自分勝手な選び方をするのではなく、相手のことを考え、できるだけ喜ばれそうなものを選ぶようにしましょう。普段使いに向かないものや、持って帰るのが大変なものなどは、極力選ばないのがいいでしょう。

知っておきたい引き出物のマナー

新郎新婦

持ち帰りにくいものは避けておく

サイズが大きかったり、重かったりする引き出物は、持って帰るのも大変です。結婚式にはお年寄りの方も多く参列する場合があるので、できるだけ持ち帰りやすいものを選ぶのが最低限のマナーでしょう。紙袋などを用意しておく心配りも大切です。

食べ物だけというのもNGになることが多い

年配の方の中には、引き出物は記念品であるべきだと考える方も多いです。そのため、食べ物だけの引き出物はマナー違反だと思われてしまうケースもあるので注意しましょう。食べ物だけの場合は、引き出物が出なかったと思われてしまう可能性さえあります。

カタログギフトはマナー違反にならない

カタログギフトで参列者一人一人に好きな商品を選んでもらうタイプの引き出物の贈り方は、マナー違反というわけではありません。宅配になるので当日引き出物を渡すことはできませんが、その人が欲しいと思うものを贈れるので、むしろ喜ばれるケースの方が多いです。

マナーを守って失礼のないようにしよう

引き出物は、間違った選び方をしてしまうと相手に対して失礼になることも多いので注意しましょう。マナーが守れていないと、結婚式全体のイメージが悪くなってしまうこともあります。常識のない人間だと思われないよう、式場やブライダル会社の担当者からアドバイスをもらうのもいいでしょう。

引き出物にするならどっち?自分で選んだ場合とカタログギフトを選んだ場合の利点を比較

自分で選ぶことのメリットは選択肢の広さにあり

カタログギフトは、どうしても商品数に限りが出てきてしまいます。自分で選んで購入するのであれば、選択肢が狭められることはありません。個性的な引き出物で参列者を楽しませたいなら、自分で選ぶのが基本です。

満足度が高いのがカタログギフト

カタログギフトを選べば、参列者の満足度は高くなります。なぜなら、一人一人が自分の欲しいものを選んでいけるからです。いらないものを贈ってしまう心配がないという点では画期的です。

迷う必要がない!人気のカタログギフトでお悩み解決

LOVE

引き出物にカタログギフトを選ぶカップルが増えている

最近では、結婚式の引き出物にカタログギフトを選ぶカップルが増えてきています。引き出物の選択肢は多種多様で、何を選べばいいのか考えるだけでも苦労するからでしょう。参列者が多くなった場合は、年齢にも幅が出てきます。全員に同じものを贈った場合、どこかで不満が出てきてもおかしくはありません。しかし、カタログギフトなら不満が出る心配はほとんどありません。なぜなら、参列者の一人一人が自分の好きなものを選んでいけるからです。その人がいらないと思うものを贈ってしまう可能性が低くなるのは大きなメリットです。ちなみにカタログギフトなら、当日持って帰ってもらう手間もほとんどかかりませんし、迷惑にもなりにくいです。少し前までは宅配で済ませるのは失礼に当たるという考え方もあったのですが、現在はあまりの人気ぶりに、そう思う人の数も減ってきています。マナーの面でも問題はなくなりつつあるわけです。もしカタログギフト以外で失敗しない引き出物を選びたいという場合には、名入れのボールペンを選ぶのもよいでしょう。名入れをすることで一つしかない特別な筆記用具が完成します。最近では名入れボールペンの発注を受け付ける専門業者もあるので、結婚式の参加人数が決まった段階で、注文にかかる金額を確認してみるのもひとつの手です。

内祝いやお返しなら必見☆

カタログギフトを割引価格で提供中♪

広告募集中