HOME>コラム>内祝いなら相手に喜ばれる品をチョイス【好みをリサーチ】

内祝いなら相手に喜ばれる品をチョイス【好みをリサーチ】

内祝

内祝いで選ばれる定番のギフト

そもそも「内祝い」とは、内輪のお祝い事の意味があり、結婚や出産、住宅の新築などお祝い事があった時親しい人に報告を兼ねて渡す品物という考え方でした。それが今ではお祝いをくれた人への「お返し」というものに考え方がシフトしました。どのような内祝いを送るか考えるのが好きな人もいれば苦手な人もいるかと思いますが、お相手の方の嗜好や趣味を深く理解していない場合は定番のギフトを選ぶと失敗がありません。定番というのは、どのようなお祝い事に対するお返しかでも異なります。例えば結婚内祝いの場合の最近の主流はカタログギフトです。貰い手が好きな物を選べる為、好み云々関係なく喜んで貰えます。また、出産内祝いの場合は菓子や洗剤類などの消費する物や、タオルなどの日用品が定番化しています。

風呂敷

内祝いを選ぶ時の注意点

結婚内祝いや出産内祝いなど、特に家庭を持つと様々なシーンでお祝いを頂く機会が増えます。お祝いをくれる人も、親しい友人から職場の上司、あまり面識のない縁者まで様々・・・どの人へのお返しであっても失礼がないよう、内祝いを選ぶ際の注意点を知っておきましょう。第一に、日本人は縁起の悪いものを嫌うという事を覚えておきましょう。例えば「割れる」を連想させる陶器、「切る」を連想させる包丁、慶事よりも弔事で使われるお茶、「苦」と「死」を連想させる櫛などがそれに値します。また、金額も大事です。一般的に内祝いと言うと半返し、つまり頂いた金額の半分の予算でお返しを送るというイメージがあります。間違いではありませんが、必ずしも半額である必要もありません。3分の1から半額を目安に、高すぎたり安すぎたりしないように気をつけましょう。